近況

先日、バイオリニストの江藤有希さんに会いに湘南方面へ行きました。

2月に引っ越して、神奈川県民になってからというもの行動範囲がいろいろと変化してます。
私は生まれてからずっと東京都内をあちこち移動していて、初の都内脱出なのですが
とっても新鮮で楽しいし、
何年か前からは想像もつかないくらいゆったり暮らしています。ありがたし。

連れていってくれたお店どこも素敵だったなあ、、
平塚のボタンカフェ。ケーキをぱくぱく
海も見ました。

江藤さんは自作の曲でアルバム制作をされていて、ツアーもやられたりとても精力的に動いていて尊敬します。今は2ndアルバムのレコーディングが終わったところだそう。
曲づくりの話やライブの話など、しずかに熱く語らった私たち(笑)

c0324261_22555258.jpg

c0324261_22562150.jpg



c0324261_22565634.jpg

先月末、ブルーノートにパキート・デリベラを見にいきました。
キューバ人のサックス・クラリネット奏者で、かつてイラケレというバンドのメンバーでもあった、
一回は生で見ておかないと!と思うレジェンドの一人。
クラリネットがすごく濃密でとろけそうな音で、感動するというよりもびっくりした。
アルトサックスもこれ以上ないほどのまろやかな音色でした。
音と音のあいだがパキっとせずににじんでいるのはクラリネット的なイメージなのかなあ、不思議でした。
そして使っている音域がすごく広くて、というのはフラジオとかでなく普段の音域が。
テナーに比べアルトは割と特定の音域を使う人が多い印象があったのだけど(テナーは私でも何故か広い音域を使いたくなる。ローB♭をブーっと吹きたくなる。笑。)そうだよね、自由でよいんだよねとあらためて。
曲は、ブラジリアン、タンゴやクラシックのアレンジものもあったけれど、やっぱりモントゥーノがはじまると全然別のスイッチが!
最後の曲はEstamos ai でした。大満足✨


[PR]
by yamakamihitomi | 2018-07-05 22:55 | 日々のいろいろ | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31