2nd アルバム「As we are」

2nd アルバム「As we are」(2015/05/28発売)

c0324261_19124767.jpg

美しい音楽性を湛えたサックス・プレイヤー、ヤマカミヒトミの2ndアルバム。

ヤマカミヒトミ Alto saxphone,Flute,Alto Flute,Melodion,Baritone saxphone,Whistle,Piano,Keyboard,Voice
平岡遊一郎 All guitars
織原良次 Fletless bass
石川智 All percussions

All arrangement by Yuichiro Hiraoka and Hitomi Yamakami

Designed&Photography by Shinichi Tomiyasu(sankofa

---

-----
youtubeトレイラー こちら
-----

<取り扱い店舗>
Best sound shop(web shop)
美容室Hair make doll(千歳烏山)
管楽器専門店DAC(新大久保)
美容室du miel(表参道)

---
<セルフライナーノーツ>
1、Manuel , o audaz
ブラジル・ミナスジェライスのシンガーソングライター、Toninho Hortaの曲です。
ブラジル旅行中、ベロオリゾンチという街のジャズクラブで彼の演奏を聞いたときの感激は、
忘れられません。
「もし自分の名前が分からないのであれば、旅をしなさい」という素敵な歌詞、美しくあふれてくるメロディー達。
イントロとエンディングに入っている木々の音、鳥の声はパーカッションの石川智さんが多重録音してくださいました!
まるで森のなかにいるみたいでしょう?

2、Capivara
Capivara は動物のカピバラです。去年、神戸どうぶつ公園で初めて本物に触れて大興奮(笑)。
あのフォルムが、表情がたまりません。
南米に生息する野生のカピバラに、いつか会ってみたいです。
バリトンサックスも吹いてみました!


3、空のはじまり
福岡・糸島のサンセットというフェスティバルに出演したときに作った曲。
ライブではフルートで吹いたりもしていましたが、今回は思い切ってピアノでメロディを弾いて、カウンターラインを
アルトフルートでとってみました。

4、Nakupenda
アフリカの音楽に興味がありました。色々聞いているうちに、ケニアのニャティティという楽器をマスターした
日本人女性Anyangoさんの存在を知り、彼女のエッセイを読んで心打たれ、いつか会いたいと思っていたところ
ある方を介して出会うことができ、今では仲のよい友人となりました^^
ずっとタイトルが決まらなかったのですが、彼女にこの曲を聞いて浮かんだ言葉を並べてもらい、
そのなかから決めました。「Nakupenda」スワヒリ語で「I Love You」という意味だそうです。
織原良次さんのベースソロ、平岡遊一郎さんのギターソロにも注目です!

5、Green Heart
ジェームス・テイラーがブラジルでミルトン・ナシメントと共演しているライブ映像を見て10分くらいで作った曲。
Greenは、熟してない、っていうイメージもあるそうで。
ストレートでいることは恥ずかしいんだけど、前よりも段々好きになってきたかな。

6、Mata Itsuka
8年くらい前に作った曲です。今回、録音にあたって曲づくりがなかなかすすまない時期があったのですが
ふと思い出して取り出してみました。今はさよならだけど、またいつかね。


[PR]
# by yamakamihitomi | 2005-08-03 19:10 | ソロアルバムのお知らせ | Comments(0)

1st アルバム「Withness」

1st アルバム「Withness」(2014/04/04発売)
c0324261_18472953.jpg
ボーダーレスに活躍するサックスプレイヤー、ヤマカミヒトミ初のソロ・アルバム。

ヤマカミヒトミ Alto Saxphone,Soprano Saxphone,Flute,Alto Flute,Piccolo,Melodion,Piano,Voice
平岡遊一郎 All guitars
石川智 All percussions

All arrangement by Yuichiro Hiraoka and Hitomi Yamakami
Designed&Photography by Shinichi Tomiyasu(sankofa

-----
youtubeトレイラー こちら
-----

<取り扱い店舗>
Best sound shop(web shop)
piquant(綱島・webよりの購入も可)
美容室Hair make doll(千歳烏山)
管楽器専門店DAC(新大久保)
美容室du miel(表参道)

---
<セルフライナーノーツ>
1.The wedding
南アフリカ共和国出身のピアニスト、Abdullar Ibrahim(Dollar Brand)の音楽に出会ったのは20歳くらいのときでした。ピアノソロで奏でられた「Anthem For The New Nation」という曲を聞いてその極限にシンプルかつ深い世界に夢中になりました。その後色々と聞いていくうちにこの曲と出会い、いつかサックスで吹いてみたいとずっと思っていました。
原曲はバラードですが、平岡さんのアイディアで6/8拍子の軽快なアレンジになりました。石川さんが演奏してくださった沢山のパーカションのうち、ちらりとソロをとっているのはダラブッカという楽器です。

2.A Rainbow After The Rain
オリジナル1曲めは、雨あがりの虹の曲です。梅雨の時期に外で降っている雨の音を聞きながら何となくピアノを弾いてうかんだモチーフがもとになりました。ソプラノサックス、ギター、ピアノ(自分で弾いてしまいました・・)という編成で録音しました。

3.New Green Days
新年の1月5日に作りました。ブラジル北東部のCoco(ココ)というリズムを石川さんが叩いてくださり、平岡さんが素敵なギターソロを弾いてくださいました。ピッコロ・メロディオン・アルトサックスを演奏しています。一人でいくつかの楽器を演奏することは、ブラジルを旅行したときに出会ったItibere Zwargのバンドのメンバーが演奏中に沢山の楽器を持ち替えていたことがヒントになりました。

4.Porto
カバー2曲めはブラジルのシンガーソングライター・Dori Caymmiの曲。2006年にDori Caymmiが来日した際になんと共演させて頂く機会があったのですが、その舞台で彼が弾き語りで演奏していたこの曲の美しさがあまりにも印象的でずっと耳から離れませんでした。ステージに向けて5日間のリハーサルは、きらきらした音たちに囲まれた宝物のような体験で、何度も感動して泣いたのを覚えています。原曲には歌詞はなくスキャットで歌われていますが、アルトサックスで録音しました。最後のほうにうすーく私のコーラスが入っています。

5.Samba nu
去年の夏、アルバムを作ろうと決心はしたものの何から手をつけていいか分からず、とりあえず部屋にあった譜面を整理していたら出てきた6年ほど前の曲。
レコーディングにあたりYAMAHAからお借りした木管のフルートを吹いています。
曲名が決められず、ボサノバシンガーの伊藤ノリコさんに付けていただきました。nuはポルトガル語で飾り気のない、率直な、といった意味です。後半に向けて厚くなっていくパーカッションのアンサンブル、平岡さんのシンプルかつ暖かみのあるバッキングも素敵です!

6.Akogare
ブラジルを旅行したときに、一番惹かれたミナス・ジェライスのことを思い出しながら作りました。美しい山の稜線と抜けるような濃い青の空、教会が点在する石畳の街、素朴な料理、本当にあたたかい心を持った人たち、そして色彩感ゆたかな音楽。またいつか訪れたいけれど、いつでも心のなかで旅できるかな?


[PR]
# by yamakamihitomi | 2005-08-03 18:26 | ソロアルバムのお知らせ | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30