<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

8月につづき9月も、表参道の美容室「du miel」のBGMの選曲をさせて頂きました。
テーマは「Treat yourself」ということで、身体にしみ込むような優しいイメージの曲を並べてみました。
鳥のさえずり、水音などとミックスさせたプログラムです。
c0324261_10183119.jpg
「du miel」はトリートメントやスパメニューも充実した美容室。
みなさま、是非お立ち寄りくださいね(ワタクシのCDも、扱って頂いています!)。

du mielのサイトはこちら

[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-10 10:20 | 日々のこと | Comments(0)
9月12日(土)@代々木 ヴァッソニール

渋谷区代々木1-37-1 大善ビルB1 

国貞雅子(vo,piano)ヤマカミヒトミ(sax/flute)

open 19:00-
1st stage 19:30- 2nd stage 21:00-
チャージ ¥2500- (+ドリンクオーダー)

問い合わせ ヴァッソニール 03-3370-0204

------------------
9月25日(金)小野リサ ツアー @中国 重慶
9月26日(土)小野リサ ツアー @中国 深圳
9月27日(日)小野リサ ツアー @中国 天津

------------------
9月30日(水)@中目黒 楽屋

目黒区上目黒2-15-6 目黒銀座商店街二番街中程

JAZZ BATA





問い合わせ・予約 楽屋(らくや)03-3714-2607

------------------
10月4日(日)@横浜日ノ出町 シャノアール

横浜市中区日ノ出町1-76-1 インペリアル横浜パークサイド104
045-242-9784

MAKO-セカンドアルバム『Oásis-オアシス』発売記念ライブ
Open 17:00 Start 18:00 (2ステージ)
Charge 3,000 (+order)
MAKO(vo) +ぶらじる商会+ヤマカミヒトミ(sax&fl)

予約:シャノアール 045-242-9784

------------------
10月10日(土)@千葉県いすみ市 チャナリーフ

いざよい◯フェス 

出演
ヤマカミヒトミ(sax・flute)×近藤康平(ライブペインティング)
SaChi(from harineko)(ピアノ弾き語り)
ホッタモモ(ギター弾き語り)

チャナリーフ名物坂道出店!
森の坂道市
出店
kanoco(自作のはんこ・雑貨)
せきねゆき(どら)(マクロビまんが本、絵本、ポストカード)
てしごと工房 nuts(真鍮の彫金細工とマクラメ編みのアクセサリー
moonchild(木のお月さまとフェルトボールのアクセサリー他)

お問い合わせ
いざよい〇ジャム
izayoi_jam@yahoo.co.jp


-------------------------
10月11日(日)@成城学園前 ブールマン

Mamiko Taira "Heart's Calling" Japan Tour 2015

世田谷区成城6-16-5 カサローザ成城 2F
TEL: 03-3484-0047

Start 5PM;2セット(入替無し)
MC 3,000円

平麻美子(vo)、井上智(g)、
安ヵ川大樹(b)、ヤマカミヒトミ(sax & fl)
-------------------------

10月20日(火)茗荷谷 Cafe e bar U_U

文京区小日向4-7-20 1F
03-3944-2356(お席のご予約をおすすめ致します♪)

ヤマカミヒトミ(sax/flute)平岡遊一郎(guitar)

open18:30 start 19:30- 2セット
Charge 3,000yen(Music lovers club memberのかた 2,500yen)

-------------------------
10月26日(月)@ビルボードライブ東京

一十三十一 ライブ

1st stage 開場17:30 開演19:00
2nd stage開場20:45 開演 21:30(入れ替え有り)

一十三十一 / Hitomitoi(Vocals)
奥田健介 / Kensuke Okuda(Guitar)
南條レオ/ Leo Nanjo(Bass)
小松シゲル / Shigeru Komatsu(Drums)
中村圭作 / Keisaku Nakamura(Keyboards)
ヤマカミヒトミ / Hitomi Yamakami(Sax)

Special Guest:LUVRAW(Talk box)

Charge:サービスエリア6,900円 カジュアルエリア 4,900円

問い合わせ チケット予約 ビルボードライブ東京
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9668&shop=1

-----------------------------
10月27日(火)@六本木 アルフィー

ウィリアムス浩子(vo)馬場孝喜(guitar)ヤマカミヒトミ(sax/flute)

open 19:00 start 19:30-/ 21:00-(2ステージ入れ替えなし)

Charge ¥4,000-

問い合わせ アルフィー 03-3479-2037

-----------------------------
10月28日(水)下北沢ボデギータ

世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1

開演:19時半

料金:2000円+オーダー

出演:後藤嘉文(percussion)尾崎あゆみ(tp)ヤマカミヒトミ(sax/flute)平岡遊一郎(guitar)

問い合わせ:03-5432-9785(ボデギータ)

[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-07 14:56 | Schedule | Comments(0)
Web VANDA公式サイトに、「As we are」のレビューを掲載して頂きました!
こちらのリンクからどうぞ☆

Web VANDAはとっても歴史のあるサイトで、ソフトロックを中心に、色々なアルバムのレビューが掲載されているサイトです。

1st アルバム「Withness」も掲載していただきました♪ → こちらから読んでいただけます。

ライターのウチさんには、それこそ10年前・・・くらいからお世話になっていて、自分のCDを作ろうとする前から色々なライブも見ていただいてるのですが、こうやって長いおつきあいが出来ているのはとっても有り難いのです。

ーーー

昨日の夜は、Febian reza paneさんと後藤浩二さんのピアノduoを聞きに。
ため息が出るほど贅沢な空間だった。
パネさんの何が凄いって色々あるけれども、テクニックがテクニックとしてもの凄く機能していること、
ひとつひとつの瞬間の密度が濃いこと(つまり情報量が多い!)だと思う。

心情やら風景やら・・・表現したいことの手段として楽器を奏でるということもあるけれど、
奏でることそのものが表現になっている部分もあると思う、
だから音楽の動機と演奏は常に一体で、切り離せないんだなあと思ったり。

動機と演奏が一体なら、もう演奏する前から音楽になっているかもしれなくて、
演奏している瞬間がけして特別なものではなくて、普段の延長で、
だからいつも(この瞬間も!)どうしているか、が大切なんだなあとあらためて思う。


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-07 12:47 | 日々のこと | Comments(0)
2nd ソロアルバム「As we are」発売中です☆
c0324261_19124767.jpg
1.Manuel , o audaz
2.Capivara
3.空のはじまり
4.Nakupenda
5.Green Heart
6.Mata Itsuka


ヤマカミヒトミ Alto saxphone,Flute,Alto Flute,Melodion,Baritone saxphone,Whistle,Piano,Keyboard,Voice
平岡遊一郎 All guitars
織原良次 Fletless bass
石川智 All percussions
All arrangement by Yuichiro Hiraoka and Hitomi Yamakami
Designed&Photography by Shinichi Tomiyasu(sankofa

youtubeトレイラー こちら

<取り扱い店舗>
Best sound shop(web shop)
美容室Hair make doll(千歳烏山)
管楽器専門店DAC(新大久保)
美容室du miel(表参道)


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-07 12:22 | 日々のこと | Comments(0)

ひかりの国のおはなし

中目黒のライブハウス・楽屋に、「ひかりの国のおはなし」という映画の上映会に行ってきた。
これは「かみさまとのやくそく」という胎内記憶をテーマにした映画の続編?のようなかたちで、
どいしゅうさんという方の語りをもとに構成されている。

生まれてくることの出来なかった(映画のお話をもとにすると、本人の意思で生まれることをやめた)
妹に連れられて、「あの世」を一緒に旅したという体験のお話。

「かみさまとのやくそく」は凄く衝撃で、特に印象的だったのは、生まれる前のことを覚えている子どもの話で、
彼は、みずから自分のお母さんを選んでそこに生まれてきたという話。
そして、どうしてそこに生まれてきたの?と聞くと
「お母さんが可愛くて綺麗な人だったから」!とか色々の驚きの回答があるなか
「お母さんを助けるため」と言うこどももいるのだという・・・

「ひかりの国のおはなし」では、
実はすごく、色んなものに守られているんだよというメッセージもあってはっとする。
つい、自分が自分が・・・と自分のなかだけで「あれが足りない」「これも足りない」
→(勝手に)深い悩みループに陥っていた時期が結構長くあって、今も引きずっている部分もあるから。

でも自分は、ずーっと前の世代から引き継がれてきた人間の子孫なわけで、
もしもそれらの体験や経験やなんかが現在の生活のなかで表面的には出てこないにしても
どこかに持っているんだとしたら、色々なことが表層では判断できなくなって、悩みっていうのとまた
別の話になってくる。

どいしゅうさんのお話のなかで「信じてもらえないんじゃないかと怖くて
なかなか話せなかったけれどもやっと話せるようになった」というくだりがあって、
私は今でこそ興味があるけれど10年前だったらきっと「ふーん」で終わっていたと思う・・・
でも、そういう話ってもしかしてみんな一つ二つ、あるのかな?と思った。
そういう話をシェア出来たら、すごく面白くて愉快なんじゃないかな。

今日のブログは支離滅裂ですな^^


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-07 12:21 | 日々のこと | Comments(3)

にわか断食、初修行

成田山新勝寺での断食参籠に三泊四日で行ってきました。
断食に興味を持ったのは7月の末くらいで、色々調べたところ
場所的にも近い新勝寺を見つけ、予約をして。

かつては二宮尊徳も修行したという伝統的な断食参籠。
初日の朝に説明を受け、部屋に入る。
まずは成田山を散策・・・新勝寺は凄く広くて
ゆっくり歩いてまわると2時間ほどかかるとのこと。
その日は勤行があり、お坊さんとお経を一緒に読む。
夕方からはすることがなく、部屋で読書&内観。
部屋にあった「大法輪」という仏教をテーマにした雑誌が面白くて何冊も読む。

二日目、なーんだ全然、いわゆる空腹感は感じない。
朝5時半からの護摩(護摩木というお札を燃やす真言密教の儀式、燃える火を前にして何人ものお坊さんが
一斉にお経を唱える姿は圧巻でした。お寺が始まった天慶三年以来、一日も欠かさずおこなわれているとのこと)
に参加したあと、とつぜん暇になる。
暇・・・暇・・・暇なんである。
参籠の決まりで電化製品はNGなので携帯電話なし、パソコンなし。
(なので写真はありません・・)
ぼーっとするのがもったいない!普段やたらあくせくしているくせに、こういうときに限って
もったいなく感じる、私って・・・
朝8時から、一般の参拝客向けの写経に参加してみる。
初めでの写経だったけれども、筆を持つのは小学生以来、しかも思ったよりも字が細かく、かつ
画数の多い字ばっかり!ふがー!
でも気づけば夢中になって1時間強がすぎていったのでした。
見返すとあちこちで線の太さがバラバラだったりするのだけれど、丁寧にやろうという気持ちで取り組むのは楽しい。
気分すっきり。
そしてまたやってくる・・暇。
昼寝したあと、この日は日曜日で勤行はなしだったので、15時からの護摩にも参加してみた。
(平日は1日5回、週末は8回あるそうです。)
護摩の火は不動明王の知恵を象徴し、薪は煩悩を表し、煩悩を知恵の炎で焼き尽くすのだという。
それをもって願いが成就するという。
ご本尊の前にずらっと並べられた護摩木。
境内にも沢山の絵馬。
お札を買わずとも、やってきて手をあわせる人のお願いごともある。
お寺に来なくとも、家で、職場で、あるいは心のなかで手を合わせる場合もあると思う。
こんなに沢山の願い事を、1000年以上にわたってずっとずっと聞き続けてきた不動明王さまはすごい。
「自分はこれを願っています、望んでいます」素直な気持ちが沢山たくさん集まっている場所なんだなあ。

夕方からは、同室の方が帰ってしまったので全く一人で過ごす。
暇・・暇・・勤行のお坊さんが「時間の洪水」とおっしゃっていたがその通りだ。
ちらり本を読み、何故か部屋で筋トレし、早めに就寝。

かなり眠かったけれど無理矢理起きる。頭痛がする。
ぼーっとしたまま三日目の朝護摩に参加したあと再び猛烈な眠気、倒れるように寝る。
やっとこさ起きて午前中に密教座禅の指導(これはオプション。一般の方の申し込みがあったので
便乗して参加させて頂きました。)、
前から気になっていた「数息観」を教えていただく。
一緒にやったのは高校生の男子2人。若いのにすごいなあ。
呼吸を数えるだけで落ち着いてくるのは不思議だ。
思えば、普段息を吸おうとか吐こうとか全然考えてないのに自動的にすったりはいたり、それを何十年もしてる
ワタシのカラダってえらい、すごい。
座禅指導のお坊さんが「三日目ですか、一番キツイですね」とニコニコしておっしゃる^^
その後また倒れるように寝る。身体全体がオフになりたいみたい。
で、勤行のとき頑張って起きたら立ちくらみがして転倒・・もうアウト・・・
自分は、カラダだけは丈夫で絶対こんなことはないと思っていたのにさ。
そのまま、頭痛が止まらないので頭に水でしぼったタオルをのせぐったり寝る。
せっかくこの時間を使って考え事をしようと思っていたのに・・・もう何も、考えられまへん。
そのまま、寝たり起きたりを繰り返して翌朝に。

翌4日目の朝は意外とすっきり起きられて。
朝、復食として三部粥と梅干し、焼き味噌、お茶を頂いたのだが、
驚いたことに、お茶はあまりに濃く感じて飲めなかった。
焼き味噌はもの凄くしょっぱく感じる。
お粥美味しい。ご飯ってほんとうに有り難いものなのだ・・・

体重は3キロ減でした。
帰ってきて、なぜか気持ちがすごく落ち着いているのを感じる。
お腹もいっぱいだったけど、頭のなかもいっぱいだったのだなあ。
しかも不安とか、心配とか、怒りとか恨みとかそういったもので。
やや強制的にだけど、頭のなかがからっぽに近い状態になれたかも?

ちなみにここは最長で6泊7日なのだそうだけど、
6日いたらどうなるんだろう、
ちなみに二宮尊徳は21日間の断食だったそう!

[PR]
by yamakamihitomi | 2015-09-02 08:35 | 日々のこと | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30