<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

想念?

c0324261_08095332.jpg
BE THE VOICEのライブを見にいった。
彼らは今東京を離れ福岡に住んでいて、東京でのライブが少なくなったのだけれども、昨日は凄くいいタイミングで見にいけた。
二人に会ってから15年くらい経つけれど、その間にあったことがライブ中、走馬灯のようにドドっと押し寄せてきた。
自分は記憶とともに生きているんだ・・・
今更新されていく記憶とともに、過去のことと一緒に生きているんだな。

見にいくよと伝えたら、楽器持ってきて!と言ってもらったので2曲ほど一緒にやらせてもらったのだけれど、
凄くびっくりしたのは、横に立っている純子ちゃんからまるで動物的な気配を感じなかったことだ。
私たちは動物で、息をすったり吐いたりして生きていて、だからどうしてもその生臭さがついてまわると思うのだけれど、彼女からは全くそういうものを感じなかった・・・わわわ。
後でその話をしたら「今の生活のなかに、いらいらすることが少ない」のだってさ。
想念みたいなものはその人のまわりを渦巻いて、ともにその人の空気になっているのかなあ。


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-08-24 08:09 | 日々のこと | Comments(0)

六本木アルフィーにて

c0324261_09144172.jpg
昨日はバイオリンのSayakaちゃんのライブに参加させて頂きました!
会場は六本木のアルフィー。ジャズの老舗。
学生のころ、ドキドキしながら行った記憶が。
ジャズのお店は、基本的に対バンっていうのはないので1日1グループ、休憩をはさんで2セットの演奏があることが多いのですが、休憩中どうしていいか分からなくてもぞもぞしたあげく、隣の青山ブックセンターに駆け込んで立ち読みしてた(笑)。
今、出演させて頂いているのはとっても不思議な気持ちだ。

Sayakaちゃんはスペイン語も堪能なバイオリニストで、自分にとっては何か・通じる人だと思ってる。
テレパシーっていうと言い過ぎだけど、それに似たようなものが・・・
なんだろね。
以前、このテレパシーを敬遠していた時があった。分かる(と感じる)ことは怖い瞬間もあって、だから知らない・分からないを大歓迎していた。
だけど今はやっぱりテレパシーは大事だと思うし、感じることに躊躇しなくなった。

Sayakaちゃんは、「Carlosの歌は人の心をオープンにさせる」と言っていたけれども
本当にその通りで、一緒のステージで私はすっかりくつろいでしまった・・・
もちろん!演奏中なのでピっと通った柱はあるのだけれども、その柱はとってもやわらかくてあちらこちらに柔軟に動き、でもそこを動かない。

音楽はいつも不思議な体験をさせてくれて、色々あったりもするけれども、やっぱりまたやりたい!やろう!と思えるような出来事が度々おこる。

実は次回、アルフィーにまた出演させて頂くことが決まっていて。
10月27日、ウィリアムス浩子さんのセットで行きます。
ちょっと先ですが、みなさまぜひ。

[PR]
by yamakamihitomi | 2015-08-23 09:14 | 日々のこと | Comments(0)

哈尔浜(ハルビン)にて

小野リサさんのコンサートで中国のハルビンに行ってきました。
北京でのトランジットを経てほぼ一日かけて着いた、北の街。
c0324261_10310217.jpg
会場はスタジアムでした。とてもあたたかな雰囲気での演奏。
中国語の曲は会場のお客様としずかな合唱となりました。

今回は、トロンボーンの池田雅明さん、トランペットのMike Zachurnukさんとのセクション。
(池田さんはアメリカに住んでいたときに何とジョー・バターンのバンドに参加されていて南米ツアーにも行ったことがあるそうな・・・すごいっ大興奮です。)
ふだんホーンセクションはほとんどないのでとっても新鮮!
ボーっとのばす白玉のハモりやユニゾンがとっても嬉しく、しみじみしながら吹く・・・

c0324261_10310272.jpg

c0324261_10310283.jpg

c0324261_10310363.jpg
中国は、いつも本当にただただ広いなあ・・と思わされるのです。
こんなに沢山の人がいて、ひろいひろい大地がある。
スケール感が全く違うなあって。
世界に対する自分の縮尺の感覚が絶対に違う気がする。
今は、東京の自分の部屋でPCを打っている自分もいるわけで、なんかクラクラする。

ハルビンの空港にはロシア語とおぼしきものも沢山売っていて、パッケージの可愛さに目をうばわれる。

小野リサさんチームにお世話になるのも気づけば10年めになっていて、長いような短いような、そこだけを思うと不思議なところもあるんだけれど、自分としては確実に変わったことが沢山あって、もうこの仕事には何と感謝したらよいか分からないくらい。
変化の前も後も、最中も、ただそのときしかないんだよなあって。だからいつの瞬間も全てで、ある過去とある過去、ある過去と現在は比べることが出来なくって、その一瞬しかないときを更新しながら生きているんだなあって、自分も世界も。そんなことを思った旅でした。


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-08-22 10:29 | 日々のこと | Comments(0)

福島4泊5日


市川愛さん、平岡遊一郎さんとともに福島ツアーに行ってまいりました。
初日は、喜多方の慶徳寺というお寺にて、檀家さんの集まりでの演奏。
目をみはるばかりの緑にかこまれた、とても美しいお寺でした。
聞いて頂いている方達は人生の大先輩ばかり。
それでも曲や音を分け合えることは本当に嬉しく感激な出来事でした。

c0324261_20530679.jpg
喜多方のスーパーマーケットにて、地元の特産品コーナーにおきあがりこぼし発見。
この面がスタンダードなのかな。
とても可愛いです。
c0324261_20530736.jpg
翌日は、二本松にあるお寺「竜泉寺」にお邪魔する。
コンサートの前に、なんと!
流しそうめん大会が催されました。
ああ、夏休み、そしてこの時間のながれ、愛ちゃんが「天国みたい」って言っていたけれど、本当にその通り。

c0324261_20530772.jpg

c0324261_20530880.jpg

c0324261_20530882.jpg
ライブはお寺の本堂で。
ジャズ、ボサノバの曲をおりまぜつつ楽しく演奏させて頂きました。
音楽の力を、この時間のあいだ貸してもらってるんだなって思う。


c0324261_20530811.jpg
翌日は、最後のライブ会場である隠津島神社に参拝。
こちらもかがやくばかりの森のなかに鎮座していらっしゃる、なんともカッコイイ。

神社でのライブ会場はこんな感じで・・・
地元の福島第一中学校の合唱部の子どもたち(中学生は、子どもというのか?)との共演が4曲ありましたが、
その美しい歌声に、第一声目から私はノックアウトされました。
ただ歌うこと、意図がないことのパワーというのかな。
でも目一杯色々感じていることも伝わってくる、無垢な声。
c0324261_20530875.jpg
自分はアタマで考えて演奏しちゃうことがあって、ふと日本語の文字が頭をよぎる、「次で盛り上げて」とか
「ここは落としといて」とか・・・その他色々細かいディレクションが、過去の経験をふんだ自分からやってくる。
一瞬で予定調和を予想する。しかし、今は今、今日は今日なのだ。
絶対に同じことはないのだから。
昔は「ただ演奏する」こともやっていたと思う。もちろん今も100パーセント意思が常に働いているかっていうとそうではないけれども、
もっともっと、自分のそのときの感覚を信用してもいいのかな?


[PR]
by yamakamihitomi | 2015-08-11 20:51 | 日々のこと | Comments(0)
c0324261_07264985.jpg
表参道(原宿・明治神宮前からも歩けます)にある隠れ家的ロケーションの美容室、「du miel」の8月のBGMの選曲をさせて頂きました。

テーマは、Summerwood夏の森」ということで、音を通じて涼んで頂けるようなイメージの曲、それから鳥のさえずりなど自然を感じられる音をミックスして作った音源が、8月1日より31日まで流れています。

du mielは、アーユルヴェーダを取り入れたヘッドスパなど、トリートメントのメニューが沢山。落ち着いた雰囲気のなかリラックスした時間を過ごせる素敵なお店です。

お店で、私の1st、2ndアルバムも扱って頂いてます!

c0324261_07215397.jpg
みなさま、是非ぜひお立ち寄りくださいね♪

美容室du mielのHPはこちら
地図のリンクはこちら(キャットストリートから少し入ったところにあります。お店に向かう道の細かい説明が写真入りで書かれていますのでご参考になさってください♪)



[PR]
by yamakamihitomi | 2015-08-03 07:26 | 日々 | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi