Aca seca trioのライブ、など

c0324261_09171867.jpg

来日していたアルゼンチンのバンド、Aca seca trioのライブを見に行った。基本はピアノ・ギター・パーカッションなのだけれど、全員がリードボーカルを取れるほどの歌の実力!三声のコーラスは鳥肌が立つくらい心地よかった。それから、ピアノとギターの絡みが絶妙で、爽快で、それぞれの手元を必死こいて見ていたのですがそのバリエーションの多さに感服。同じメンバーで同じ曲を演奏することで進化し続けていると思われるアンサンブルの密度も凄かった。おかげで1時間ほどのステージが2時間半くらいに感じられた。


7月に由紀さおりさんと五輪真弓さんのジョイントコンサートで演奏させて頂いたのをきっかけに、五輪真弓さんのCDを聞いたり、エッセイや歌詞集を読んだりしている。3枚のアルバムをアメリカでレコーディングしたときのくだりは、一瞬一瞬がキラキラしていてまぶしくって魅力的。アルバムにも参加しているラリー・カールトンが、ジャズクルセイターズを脱退しソロアーティストとして活動をはじめたときの話なんか、何度も読み返してしまうほどにしみじみ感動・・・音楽をこんなふうに好きでいてもいいのだな、自分の近くに置いておいてもいいのだなと思えた。今までは、近すぎて、寄ると火傷しそうな距離感だった気がする。今日のところは、抱っこして撫でられるし、またすこし遠くにいても大丈夫という感覚になってきた。


それから、ライブのお知らせです。
10月19日(水)にボサノバシンガー山本のりこさんと小平のカフェ・ラグラスで演奏します。
緑のおおいロケーション、避暑地の別荘のようなリラックスできる空間です。
今回はお昼間のライブです。12時半より。
詳細はこちら
お席の予約は、お店のHPから、またはお電話でお願い致します。
久しぶりの山本のりこさんとのステージ、楽しみです。


[PR]
by yamakamihitomi | 2016-09-04 09:16 | 日々のいろいろ | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー