ソプラノ考

昨日は、収録のためのリハーサル。長丁場だったけれどなんとか終了^^

最近ソプラノサックスを使う機会がぐっと増えまして。
10年ほど前にもの凄い失敗してから、楽器に対するトラウマがあったのですが(笑)この間、無事解消しました。
当時は一生何とかならないんじゃないかと思ってましたが、なんとかなるものですね。

ソプラノサックスで私が好きなのはブラジルはミナスのNivald Ornelasというプレイヤー。
基本的にはテナーの方かと思いますが、ソプラノサックスも、そしてフルートも最高。エルメート・パスコアルのバンドに参加していたり、トニーニョ・オルタはじめミナスのアーティストの録音に沢山参加している方です。
ソロアルバムはコーラスをフィーチャーした優しいサウンドでメロメロになる感じです(笑)。
ちょっとクラシカルな包み込むようなフワリとした感じの音色がたまらんのです。
こちらにソロアルバムアップされてました。ああ、いいわあ〜。

もう一人、こちらはNYの人、Peter Epstein。
もうだいぶ前なのですが、名古屋にSaigenjiくんのライブで行ったときのお客様が教えてくれたのです。
ジャズの方ですが無伴奏ソロで教会でレコーディングされたアルバムがあって、それはクラシックの曲と彼のオリジナルがアルトとソプラノ半々くらいの割合で収められていて感動的な美しさ。
あんまりソプラノっぽい音色じゃなくて(と私には感じられました)サックスという楽器の音域の延長という感じで、すごくプレーンで凛とした印象を受けました。
なんとTEDで演奏してる映像がありました!アルトサックスですが。曲はエグベルト・ジスモンチのパリャーソ。コードレスの編成、綺麗。興味ある方はこちらにリンクがあります。

・・・やっぱりソプラノ練習しよう。(笑)

それから、全然違う話なのですが、最近ちょくちょくお邪魔する場所があるのですが、先日行ったときに部屋で扇風機が回っていました。見渡すとどうもエアコンはないらしい。
が!
壁に絵が貼ってあったのです。エアコンの絵が。
正確に言うと、エアコンから風が出ている様子を描いた絵が。
笑いを通り越してショックですらありました。(笑)
そう、見れば涼しく感じる・・・その人間の感覚って、凄い・・・
何でも、「感じ」なのかもしれない、と思います、そして「感じ」るのは自分主体なのだなあと。

------------------------------------------------------------------
 <おしらせ>

1st Album「Withness」、2nd Album「As we are」発売中♪
視聴・購入はBest sound shop よりどうぞ。
アマゾン・他CDショップでも取り扱いがあります。


BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」
ハウスバンドのメンバーとして演奏させて頂いています。
次回以降の放映は
7月11日(月)
7月18日(月)
7月25日(月)
いずれも19:00- です。
------------------------------------------------------------------


[PR]
by yamakamihitomi | 2016-07-02 01:04 | 日々のいろいろ | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー