都度ナチュラル

c0324261_08260084.jpg
ライトアップされていたミッドタウンの桜。

昨日は来日しているブラジルの巨匠Edu Loboのステージ見に行き、大感激。
ご本人のたたずまいを見るだけで大きな愛につつまれているような感覚になりました。
バンドは一つ一つの楽器の音が洗練されていて無駄がなく、でも人懐っこくチャーミング。
アンサンブルが自然な信頼感で結びついている感じ・・・これはライブでこそ感じられるもの♪
管楽器奏者カルロス・マルタ氏が生で聞けたのも嬉しかった〜!
一時期、彼のPifanoのという笛と打楽器だけのアルバムを狂ったように聞いていました(笑)。
サックスもフルートも勿論凄いのだけれど、なかでもPifanoの音は夢のように心地よかった。
自然であることは本当に魅力的、とあらためて思います。

ブラジルに行ったとき、このアンサンブル感をあちこちで体験して本当に不思議な気分になったのです。
その音楽のコンセプトにもよると思うけど
誰かに合わせるのでもなく、誰かが妙に自己主張するのでもなく、
全員が自然とただ音を出している感じ。
多分音楽の場面だけじゃなく日頃の人間関係がそうなのかな?と想像します。
自分は、そうすればまとまるっていう変な予定調和のもとに意図的に合わせたりすることも多々あるのに気づいて。
でもそれはある意味不正直で(自分にね)時にストレスにつながったりもする。
都度ナチュラルであることは冒険だけど素敵な贈り物もついてくるのかな?なんて思ったり。

ばっちりエネルギーチャージ出来たので次のライブも頑張ります♪
まずは数年前から参加させて頂いているラテンジャズのユニット「JAZZ BATA」
熱くパワフルな音楽です・・・きっとめちゃくちゃ盛り上がると思います^^わくわく。

それから週末は、シンガーソングライター国貞雅子ちゃんとのライブです。
心に響くうたをうたう雅子ちゃん。3月にNYに滞在してきたそうで、そのお土産話も楽しみです。
詳細は「Schedule」からご覧くださいませ。
みなさまいらしてね!

[PR]
by yamakamihitomi | 2016-04-05 08:25 | 日々のいろいろ | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31