ひかりの国のおはなし

中目黒のライブハウス・楽屋に、「ひかりの国のおはなし」という映画の上映会に行ってきた。
これは「かみさまとのやくそく」という胎内記憶をテーマにした映画の続編?のようなかたちで、
どいしゅうさんという方の語りをもとに構成されている。

生まれてくることの出来なかった(映画のお話をもとにすると、本人の意思で生まれることをやめた)
妹に連れられて、「あの世」を一緒に旅したという体験のお話。

「かみさまとのやくそく」は凄く衝撃で、特に印象的だったのは、生まれる前のことを覚えている子どもの話で、
彼は、みずから自分のお母さんを選んでそこに生まれてきたという話。
そして、どうしてそこに生まれてきたの?と聞くと
「お母さんが可愛くて綺麗な人だったから」!とか色々の驚きの回答があるなか
「お母さんを助けるため」と言うこどももいるのだという・・・

「ひかりの国のおはなし」では、
実はすごく、色んなものに守られているんだよというメッセージもあってはっとする。
つい、自分が自分が・・・と自分のなかだけで「あれが足りない」「これも足りない」
→(勝手に)深い悩みループに陥っていた時期が結構長くあって、今も引きずっている部分もあるから。

でも自分は、ずーっと前の世代から引き継がれてきた人間の子孫なわけで、
もしもそれらの体験や経験やなんかが現在の生活のなかで表面的には出てこないにしても
どこかに持っているんだとしたら、色々なことが表層では判断できなくなって、悩みっていうのとまた
別の話になってくる。

どいしゅうさんのお話のなかで「信じてもらえないんじゃないかと怖くて
なかなか話せなかったけれどもやっと話せるようになった」というくだりがあって、
私は今でこそ興味があるけれど10年前だったらきっと「ふーん」で終わっていたと思う・・・
でも、そういう話ってもしかしてみんな一つ二つ、あるのかな?と思った。
そういう話をシェア出来たら、すごく面白くて愉快なんじゃないかな。

今日のブログは支離滅裂ですな^^


[PR]
Commented by どいしゅう at 2015-09-08 21:58 x
ヤマナカヒトミ 様
 
会場でお会いしたのでしょうが、
おはなしが出来ずに残念でした。。。
 
すばらしいご感想にちょっと感動いたしました
 
支離滅裂どころかステキな、ステキなご感想でした。
 
ありがとうございます 
Commented by どいしゅう at 2015-09-09 08:08 x
ヤマカミヒトミさま

お名前間違って入力してしまいました
申し訳ありません!
Commented by yamakamihitomi at 2015-09-11 07:24
どいしゅうさま
ご本人からのコメント、とてもとても嬉しいです!
見に行って良かったですし、折に触れて思い出すと思います。
沢山の方届きますよう!
by yamakamihitomi | 2015-09-07 12:21 | 日々のこと | Comments(3)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー