由紀さおりさんのコンサート

c0324261_09215254.jpg
4月11日から13日まで六本木のEXシアターにておこなわれた由紀さおりさんの45周年スペシャルコンサートに参加しました。

今回は由紀さんの作品よりも歌謡曲のカバーが多かったのですが、由紀さんの歌声と姿勢、1曲1曲の説得力が凄くて、わたしはリハーサルから涙・涙・・・。(もちろん、「手紙」や「夜明けのスキャット」も演奏しました♪)
「越冬つばめ」「風の盆恋歌」「縁切寺」「4つのお願い」「サン・トワ・マミー」「メモリーグラス」・・・
日本語の魅力にあらためて気づかせて頂いた、という感じです。
昭和の「おんな」の心の風景なんかも、今となってはビシビシ心にひびいたり^^

いつもブラジルの曲や英語圏の曲をやるときには四苦八苦・・・
というのは「雰囲気」「言葉」「リズム」などなど、それをそれたらしめている要素を自分なりに研究したりしているからなんですけれど。
今回は、ああこの感じ、知ってるなあ〜 と。
子どものころテレビで見た歌謡番組の感じ・・・
その昔家にカラオケセットがあり(なんと8トラック!わかりますか?笑)親戚が集まったときにカラオケをしていた風景だったり・・・
だから演奏したことはなくても、とても身近に感じたのです。

楽器を演奏していると、親がレコードマニアだったとか、いつも家で洋楽がかかっていたとか、そういう話を聞くことがあって心のどこかでうらやましいなーと思っていたのです。自分の家には音楽がなかったなあって。
でもね、音楽がなかったわけではけしてなくて、あったんだけど私がそれを音楽だと思えてなかっただけなんだなあって。

そして由紀さんのたたずまいがめちゃくちゃチャーミングで素敵でした。
バンドは川口大輔くんのアレンジで、今回初めての組み合わせにもかかわらずとても気心知れた感じでしかも楽しく出来、
本番では何度も色んなミラクルが^^
かけがえのない経験をさせて頂きました!



[PR]
by yamakamihitomi | 2014-04-17 09:22 | 日々 | Comments(0)

sax&flute player ヤマカミヒトミの日々を綴っています。ライブやレコーディング、ツアー、アルバムのおしらせ、その他日々のいろいろ。


by yamakamihitomi
カレンダー